活動紹介

2019年01月12日

第105回中央委員会議案オルグ

2019年1月12日(土)、ワークプラザ岐阜(岐阜市)にて「第105回中央委員会オルグ」を開催し、電機連合(本部)の宮中執より、2019年総合労働条件改善闘争に関する件を中心に説明いただきました。


【第2号議案】2019年総合労働条件闘争に関する件
  「生活不安、雇用不安、将来不安」の払拭に向け、継続した「人への投資」に取り組む
  すべての労働者がいきいきと働ける環境を目指し、「働き方改革」を推進する

今次闘争は、2年サイクルの「総合労働条件改善闘争」における中間年の取り組みとして、賃金・一時金を中心に取り組みます。労働協約関連は、働き方改革関連法の各改正事項への対応や、ハラスメント対策などに対応した取り組みを行ないます。加えて、2015年闘争から開始した「統一闘争強化に向けた取り組み」をさらに強化していくこととします。

ページトップ