活動紹介

2019年03月08日

連合岐阜 2019春季生活闘争総決起集会

今こそブレイクスルー すべての労働者の処遇改善と働き方の見直し!

「今こそブレイクスルー!すべての労働者の処遇改善と働き方の見直し!」
すべての働く者の「底上げ・底支え」「格差是正」の実現

2019年3月8日(金)18時30分より、JR岐阜駅前信長ゆめ広場にて連合岐阜『2019春季生活闘争総決起集会』が開催され、岐阜県下各地より組合旗やプラカードを掲げ集まりました。

集会の冒頭、闘争委員長の髙田連合岐阜会長は「景気が拡大しているという一方で個人消費は伸び悩み、今後の増税や将来不安から消費はさらに冷え込み、景気は後退していく。中小で働く者をはじめ、すべての働く仲間とともに、今春闘で結果が求められる。また、大手と中小の格差が広がっており、人材不足が深刻化している中、賃金水準をどうこだわるのかも重要なポイントとなる。4月から働き方改革が順次施行される中、働き方を見直す、変えていくことも労使間でしっかり確認しなければならない。連合岐阜に結集する8万4千人の総力を結集し、最後まで闘い抜こう!」」とあいさつを述べました。

1.開会あいさつ
2.春季生活闘争委員長(連合岐阜会長)あいさつ
3.産別代表者による決意表明
4.集会アピール採択
5.女性アピール採択
6.シュプレヒコールによる決意表明
7.ガンバロー三晶
8.アピール行進

<写真左> 集会アピールを表明する山下事務局長
<写真右> アピール行進

ページトップ