活動紹介

2021年11月12日

東海ブロックユニオンセミナー  <WEB併用>

参加から参画へ

2021年11月12日(金)「東海ブロック ユニオンセミナー(担当:三重地協)」を開催しました。電機連合は、それぞれ独自性を持つ単組・一括加盟組合が、信義と友愛を大切にしながら強く結び付いて行動する「連帯と挑戦の拠点」であり、例年10月~12月の秋季組織強化期間には、電機連合での様々な課題点・問題点について、意識・認識を共有し連帯を深めることを目的に、周知理解を深めていただく場を設けています。

2021年のブロックユニオンセミナーも新型コロナ感染防止の観点により、電機本部と静岡・愛知・三重・岐阜の各地協を中継するWEB開催となりました。
岐阜地協から7名が参加、地協拠点には集合しない個別受講としました。

[講演1]
 「組合活動の道しるべ」に関して
  (電機連合) 書記次長 高谷 哲也 氏、弓場 孝紀 氏

 <グループディスカッション>
  テーマA:日頃のコミュニケーションでこんなことありませんか?
  テーマB:レクリエーションなどでこんなことありませんか?
  テーマC:政策・制度要求実現を行う際にこんなことありませんか?
  テーマD:コロナ禍の活動でこんなことありませんか?    

[講演2] 
 労働組合と共済活動について
  (電機連合福祉共済センター) 常務理事 岡本 昌史 氏

[講演3] 矢田わか子と語ろう
 「電機連合の取り組み」
  (電機連合) 書記次長 山中 しのぶ 氏

 <矢田わか子議員とのフリートーク>
  
「講演1」のグループディスカッションでは、岐阜地協の参加者はZoomのブレイクアウトルーム機能で2グループに分かれ(テーマはC・D)意見交換をしました。各自、事前に話し合うテーマにつき現状把握をしていたこともあり、積極的な意見交換ができました。テーマに関し組合ごとに違う悩みや課題が出ましたが、残念ながら時間が短く、各自が用意した意見をすべて伝えることができなかったグループもありました。

「講演3」の矢田議員とのフリートークでは、18歳以下への10万円相当給付金や子育てに関して質問・要望がありました。
矢田議員への質問・要望は、組合やSNSを通して伝えることもできますが、今回は、画面越しではありましたが直接伝えることのできる貴重な機会となりました。自分の事例を踏まえ要望を伝えた方もあり、矢田議員からは真摯な回答を得ることができました。

ページトップ